始まりは未来の『快』のエネルギー

男の性欲の的になるってどんな風だろう?

って想像した事がある男の人どれぐらいいますか?

その想像が『私』という存在の誕生の瞬間だったんだと思います

それは姿も形も無い体験の想像の中での『私』

未来のイメージの中で感じた『快』が生み出した『私』

先日のブログで少し表現した私達の内部対話

これは皆さんの中でも無意識のうちに行われています

性自認や性的指向が正常な皆さんの中の内なる異性は

今までの人生で関わった異性の表象の集合体です

それは母親や祖母といった幼少期から始まりは実際に交際したり、sexをした相手はもちろん

アニメやドラマ、映画や神話の中に出てくる架空のキャラクターも含め、

全ての『異性』という表象から受けた刺激が沢山皆さんの中に内在化しています

実際に『チホ』という名前は今まで出会った女性の中で一番いやらしさを感じた女性の名前をつけました

高校時代一緒にバンドをしていた友達の彼女で、彼氏の友達の私を誘惑してくる悪い女の子でした

私はそのチホちゃんの事が好きだったわけではないですが妖艶で妖美な印象が強烈に内在化していたわけです

長く交際した女性よりも何よりもその女の子から受けた刺激が強かった事が名前の由来になっています

そして『チホ』という存在が倒錯的性欲が生んだ女のパートである事は間違いありません

私も『チホ』ちゃんになって男を誘惑する悪い女を体験してみたいという願望が潜在意識の中にあったのだと思います

女装ワールドというポータルサイトを皆さんご存知ですか?

http://josou.josou-world.jp/

このサイトを見て私はオートガイネフィリアという概念を知りました

そして『私』=『内在化した異性の表象』という倒錯が私という存在を生んだという認識を持ったのです

受動的なのか能動的なのか

インプットだけなのかアウトプットだけなのか

たったそれだけの差なのですが

その差はとても大きいのです

それは皆さん大なり小なり性というテーマでの体験以外で沢山経験があられると思います

例えば

大好きなアーティストのコンサートに行った

感動する

アーティストとして感動を与えている『私』をイメージの中で体験する(想像する)そして『快』を得る

その体験でアーティストとしての『私』という存在が内在化する

そして音楽する『私』という体験にチャレンジする

そして音楽する『私』としてコンサートを開き音楽で感動を与える

イメージの中で快を得ている時それがまずは宇宙へのオーダーのスタートです

私は19歳で出会った『チホ』ちゃんをずっと忘れていなかった事が不思議なぐらい関わりが薄かったし短かった女性です

でもきっと余りに妖艶、妖美だったエネルギーの影響で宇宙に『チホ』としての体験をオーダーしていのでしょう

私の感覚なのですが想像やイメージできる事は全て体験出来るんじゃないかと感じています

じゃあ後は想像力、創造力の問題ですねって時代はすぐそこまで来てるんじゃないかと思います( ^ω^ )

だから想像、創造のソース集めに凝ってます

信じるか信じないかは貴方次第です

パクリやんw


クノタ チホ

WRITER / クノタ チホ

米国NLP協会認定トレーナー/米国NLP協会認定マスタープラクテショナー
内閣総理大臣認定心理カウンセラー1級
アルマクリエイションズ認定フューチャーマッピングファシリテーター
-------------------------------------------------------------------------
内的世界と外的世界の関係性について研究をするスピリチュアルなNLPトレーナー。
NLPのメソッドを使った女装する講座『変身ワークショップ』を全国各地で開催中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。